新着情報 │ 鎌倉幕府で知られる源頼朝の手植えとされる頼朝杉

新着情報

RSS

頼朝杉弥勒菩薩像の記事の紹介

2015/09/12

朝日新聞DIGITALに頼朝杉で作りました弥勒菩薩像の記事が掲載されましたので紹介いたします。

朝日新聞DIGITAL2015.09.11
静岡)頼朝杉からつくった仏像完成 島田の寺院

天然記念物・智満寺の十本杉とは【『頼朝杉』源頼朝手植えと言われる樹齢800年を超える杉で工芸品をお作りします】

2015/08/19

智満寺は、静岡県島田市にある由緒正しい天台宗のお寺です。同寺がある千葉山の杉の巨木十本が「智満寺の十本杉」です。十本杉のうち一本は智満寺を開山したときに、残りの九本は源頼朝の命により本堂の再建の際に植えられたとの言い伝えがあり、推定樹齢は800年~1,200年を超えます。この智満寺の十本杉は、1962年に国の天然記念物として指定されました。

まずは一度お問あわせください。

『頼朝杉』の工芸品とは?源頼朝手植えと言われる樹齢800年を超える杉で工芸品をお作りします

『頼朝杉』の工芸品とは?源頼朝手植えと言われる樹齢800年を超える杉で工芸品をお作りします

2015/07/07

800年以上も長生きした頼朝杉を、有効的に使うことはできないか――。智満寺のご住職が思案された結果、考えついたのが、未来永劫のお守りとなる弥勒菩薩像の製作でした。

弥勒菩薩像は、頼朝杉が持っている生命力・運命力の強さの象徴です。弥勒菩薩像へと生まれ変わった頼朝杉が、多くの人の縁を結び、救済へと導くことを願っています。

弥勒菩薩像は、智満寺のご住職の友人である、宇治平等院のご住職のご紹介で、仏師・江里康慧氏に製作していただきました。

衝立(ついたて)は、間仕切りや目隠しはもとより、装飾性や芸術性を高めるために用いられることもあります。
頼朝杉の衝立が表現するのは、他とは一風異なる奥ゆかしさ。衝立の確かな存在感は、頼朝杉が持つ奥ゆかしさから来ているのかもしれません。

頼朝杉・弥勒菩薩像勧請 のお知らせ

頼朝杉・弥勒菩薩像勧請 のお知らせ

2015/06/19

現代を代表する仏師である江里康慧師の手により、頼朝杉が
弥勒菩薩像となりました。
つきましては7月18日より、天台宗千葉山智満寺 において
【頼朝杉・弥勒菩薩像勧請】を行います。
詳細は画像をご覧ください。

【本尊千手観音特別開帳】も同時に行っておりますので、
是非ともお越しください。
このページの先頭へ戻る
  • 頼朝杉とは
  • 特典
  • ご注文の流れ
  • 頼朝杉 工芸品紹介
  • 会社概要
頼朝杉工芸品の販売・
オーダーメイドのことなど
お気軽にお問い合わせください。
TEL:06-6264-0831 FAX:06-6264-0227
お問い合わせ
【 受付時間 】10:00~17:00
【 定休日 】土日祝
  • 頼朝杉とは
  • 頼朝杉 工芸品紹介
  • 特典
  • ご注文の流れ
  • 頼朝杉より生まれた弥勒菩薩像